株式会社まるぶん  
まるぶんは、有田焼専門商社です。豊富な品揃えで皆様をお待ちしております。
英語ページへ 会社案内 アクセス お問い合わせ
ホームへ 新着情報 新商品のご案内 セラネット 陶辞苑(用語集) オンラインショップ
新着情報   バックナンバー :2014 | 2013 | 2012 | 2011 | 2010 | 2009 | 2008 |
イベント情報  
☆年末年始のご案内☆
【吉例】オンラインショップ「福袋」発売しました。
年末恒例の福袋、今年も一年の感謝をこめて人気の窯元やシリーズを、超お買い得価格にてご用意いたしました。
惣太窯、クニエダセレクション、福泉窯の3タイプです。
ショップスタッフが「私たちも欲しい!」と思うような内容に仕上がりました。

詳細はこちらからご確認ください
初売り情報
本社ショールームは年末年始12月31日と1月1日を店休日とさせていただきます。
新年は1月2日より無休で営業いたします。
初売りは2日から5日までで、恒例の福袋やすてきなお年玉が当たるスピードくじなどをご用意して、皆様のお越しをお待ちいたしております。
トップへ
イベント情報  
☆惣太窯フェア開催☆

惣太窯フェア11月18日(水)〜24日(火)
新宿伊勢丹 本館5階 和食器売場

人気の惣太窯の売場催事です。
新商品として、おいしい卵かけごはんが食べたくなりそうな「ASA飯碗シリーズ」や、晩酌用のカップと肴鉢をセットにした「BAN酌セット」を発表いたします。
また、フェア協賛商品として数量限定の「絵変り5寸皿」の5枚セットを、7,350円でご提供いたします。

土日には惣太窯チーフデザイナー山下光利さんによる絵付け実演も行います。
11月21日(土) 午後1:00〜午後6:00
11月22日(日) 午前11:00〜午後6:00

トップへ
イベント情報  
☆匠の蔵シリーズ第5弾「贅沢なシチューボウル」
第27回ちゃわん祭りにて発表!☆
−11月26日よりネットショップにて発売開始−
大好評の匠の蔵シリーズ。カレー皿に続く第5弾はシチューの皿に挑戦です。
すくいやすく冷めにくい機能性をもったウェーブラインが特徴です。
家族団欒のあったか料理、贅沢なシチューの器としてお薦めいたします。
  シチュー碗

ただいま予約受付中(11月26日以降の発送となります。) 

カタログはこちらから

■11月26日(水曜)からはネットショップでも販売いたします。
 まるぶんオンラインショップはこちらです。
トップへ
イベント情報  
☆ちゃわん祭り情報☆
有田の秋といえばちゃわん祭り。今年も多彩なイベントとおもてなしの心で皆さまのおこしをお待ちしております。

第27回茶わん供養・ちゃわん祭り
平成21年11月21日(土曜)〜25日(水曜)
営業時間:9:00am〜6:00pm

ご案内のDMはこちら
  ちゃわん祭り
「お正月の器」特集
今年のおすすめはお正月の器。ご家族で囲む新春のテーブルを飾る器の数々をご紹介いたします。
たとえばおせちの取皿を新しくするだけで、ぐっと雰囲気が変わります。
メインのお重から小皿などの小物まで、お正月料理のアイデアが湧き出てくるような器をお楽しみください。
  お正月の器
イヤーボウル&イヤーグラス
究極のラーメン鉢、至高の焼酎グラスは来年の干支「寅」にちなんだ2010年イヤーボウル、イヤーグラスを発表します。
方や可愛らしいトラの親子、方や精悍な虎と対照的な構図で仕上げました。

イヤーボウルの詳細はこちら
  イヤーボウル
ワケあり商品アウトレット・フェア
ほんの小さな鉄粉やピンホールが出たことにより、通常の販売ルートに乗せられない商品や、入れ替えによる廃番商品を思い切ったアウトレット価格でご提供いたします。
不用食器引き取りキャンペーン
ご家庭で使わなくなった食器をご持参ください。使用未使用を問わず、お持ちいただいた食器の重量にてお買い物券をさしあげます。
お買い物券はちゃわん祭り・有田秋の陶磁器祭り期間中に、当店で3,000円以上のお買い物の際にご利用いただくことができます。
引き取った商品で使用可能なものは施設などに寄贈いたします。

引き取り対象    食器で破損してないもの
引き取りのめやす  5kgで1,000円(およそレジ袋一杯分)
5kg以上お持ちいただいた場合、お引き取りは致しますがお買い物券の上限は1,000円といたします。
有田焼卸団地のイベント
卸団地イベント匠の蔵「贅沢なシチューボウル」
ちゃわん祭りの看板企画として定着した匠の蔵。
シリーズ第5弾は「贅沢なシチューボウル」
柔らかな曲線で構成されたフォルムに、すくいやすいという機能性もあわせもつおしゃれなシチューボウルです。
この冬はあったかーい部屋で熱々のシチューというシーンが増えそうです。

また、ハウス食品の協賛による、シチューの試食会や同社製品のプレゼント企画など多彩な関連イベントも開催されます。
どうぞお見逃しなく。

「贅沢なシチューボウル」は、ちゃわん祭り期間中は企画展会場でのみ販売いたします。
まるぶん店頭およびネットショップでの販売は11月26日より開始いたします。

その他のメニュー
有田焼卸団地では期間中このほかにもたくさんのイベントを開催いたします。
詳細はこちらから
上幸平店のイベント
秋の有田陶磁器祭り「トンバイ塀商店会」のイベントに参加します。
究極のラーメン鉢と匠の蔵シリーズを展示販売いたします。
究極のラーメン鉢は「ご当地ラーメン鉢佐賀県バージョン」と「イヤーボウル2010」も出展します。
匠の蔵シリーズは至高の焼酎グラスとプレミアムビアグラスにバルーンをモチーフにした新作が登場します。
その他1日限定5名様限りの超お買い得品も用意いたしております。
有田町内のイベント
秋の有田等磁器祭り秋の有田陶磁器祭り
11月21日(土)〜25日(水)
有田町内では「秋の有田陶磁器祭り」と銘打って各地区ごとに独自のイベントが開催されます。

パンフレットはこちらからどうぞ
森正洋の全仕事展
森正洋の全仕事展10月31日(土)〜11月23日(月)
佐賀県立九州陶磁文化館
佐賀県が生んだ世界に誇る陶磁器デザイナー森正洋さんの回顧展です。
約100点ものグッドデザイン賞受賞作をはじめ、2000点におよぶ膨大な作品を網羅した画期的な展示会です。

http://www.pref.saga.lg.jp/at-contents/kanko_bunka/k_shisetsu/kyuto/index.html
トップへ
イベント情報  
☆究極のラーメン鉢」に佐賀県バージョン登場!☆

有明海の人気者「ムツゴロウ」、古代ロマンの「吉野ヶ里遺跡」、そして佐賀平野の秋の風物詩「インターナショナル・バルーン・フェスタ」。
佐賀の名物や観光地を佐賀県いちばんの名産品有田焼の「究極のラーメン鉢」に収めました。
価格はラーメン鉢とお揃いのレンゲ付で4,200円〜10,000円。
佐賀県観光の記念やお土産にぜひお求めください。
佐賀県内のお取扱店のみでの地域限定販売です。

お求めはお問い合わせはこちらへ 

佐賀市 佐賀玉屋  Tel:0952-25-6590
佐賀市 佐賀玉屋鍋島ショップ  Tel:0952-33-5611
佐賀市 有明佐賀空港 SAGA空港一番館 Tel:0952-46-2080
鹿島市 上田商店 Tel:0954-62-2851
有田町 まるぶん本社ショールーム Tel:0955-43-2351
 アイテム    アイテム    アイテム    アイテム
バルーンフェスタ
(錦右衛門窯)
  スカイバルーン
(原重製陶所)
  むつごろう
(しん窯)
  さがん
(渓山窯)
トップへ
イベント情報  
☆紀ノ国屋にて『佐賀の逸品展』開催☆

高品質な品揃えで有名な食品スーパー「紀ノ国屋」で、『佐賀の逸品展』が開催されます。
場所は平塚と鎌倉。伝統ある佐賀県産品と、弊社の有田焼が展示即売されます。
有田焼の内容は「究極のラーメン鉢」と「匠の蔵・極上のカレー皿」をメインに、日常使いの食器としてお求め安い価格帯のジャストプライスのシリーズも出品します。

ご近所にお住まいの方はぜひお出かけください。

KINOKUNIYA entre´e 平塚ラスカ店
JR平塚駅内
TEL:(0463) 20-5290
10月7日(水)〜13日(火)

紀ノ国屋鎌倉店
JR鎌倉駅前
TEL:(0467) 25-1911
10月19日(月)〜27日(火)

紀ノ国屋ホームページはこちらです
http://www.super-kinokuniya.jp

トップへ
   
☆料理店新規開店情報「福来園」☆

9月3日(木曜)福岡市・赤坂に中国料理店が開業しました。
羅文全料理長の手による本格四川料理をカジュアルなスタイルで提供するお店です。
器はすべてZEPHYR−ゼフィールを中心とした有田焼で揃えています。


福来園(ふうらいえん)
福岡市中央区赤坂1−6−22
電話:092-791-7577
定休日:日曜
時間: 昼11:30-15:30 夜17:00-22:30
料理:ランチ 650円〜750円
   ディナー 1800円〜7000円

アクセスマップはこちらです。
http://www.furaien.com/info.jsp

トップへ
メディア情報  
☆テレビ放映のお知らせ「わがまま気まま旅気分」2009☆

有田焼卸団地と「匠の蔵」シリーズを紹介したテレビ番組が放映されます。
九州のローカル局のみの放映で深夜の時間帯もありますが、地元局の時間に合わせてぜひご覧ください。

「わがまま気まま旅気分」2009
STSサガテレビ 9月5日(土)16:00〜16:55
KTNテレビ長崎 9月21日(月・祝)14:05〜15:00
TNCテレビ西日本 9月21日(月・祝)25:00〜25:55
UMKテレビ宮崎 9月24日(木)15:58〜16:53
TKUテレビ熊本 9月24日(木)15:03〜15:58
KTS鹿児島テレビ 9月25日(金)25:05〜26:00
TOSテレビ大分 10月1日(木)14:05〜15:00

トップへ
イベント情報  
☆日清食品e−めんShopにて究極のラーメン鉢オリジナルバージョン発売☆

日清食品様のオンラインショップ「e−めん日清Shop」のなかの「eめんグッズ」にて、究極のラーメン鉢が販売開始されました。
商品は悦山窯の作品2点で、いずれも日清食品オリジナルですが発売早々ご好評をいただいております。

「e−めん日清Shop」はこちらです
http://shop.nissinfoods.co.jp/shopping/goods/

トップへ
メディア情報  
☆モノ・マガジンで「至高の焼酎グラス」が紹介されました。☆
モノ・マガジン2009年8月2日号(7月16日発売 ワールド・フォトプレス社)

【特集 いまゆっくりと飲んでみたい焼酎】
おいしい焼酎をより美味しく飲むためのグラスとして、至高の焼酎グラスが紹介されました。
嵐のような焼酎ブームが終わった今こそ、おいしい焼酎をじっくりと楽しめるチャンス。
秘蔵の一本を至高の焼酎グラスで堪能してみてはいかがでしょう。
詳細はこちら
  monoマガジン
トップへ
イベント情報  
☆ハウステンボス「有田焼ショップ・フェルメール」が移転オープン☆
ハウステンボス内「ゼーランド」で親しまれてました有田焼ショップが、このほど売り場を移動し、ビネンスタッド地区にある「ホーランドハウス」内に「有田焼ショップ・フェルメール」としてオープンしました。
今右衛門、源右衛門、香蘭社、深川製磁といった有田の有名窯元の名品をはじめ、日用食器やお土産品などにいたるまで、有田焼の魅力に直接触れることができます。

場所はカルーセル(回転木馬)とアレキサンダー広場の間にある建物で、ショッッピング街の中心部いちばんにぎやかなところです。

ハウステンボスへお出かけの際はぜひのぞいてみてください。
トップへ
   
☆第106回有田陶器市企画「不用食器引き取りキャンペーン」のご報告☆

第106回有田陶器市企画「不用食器引き取りキャンペーン」のご報告です。
初めての企画でしたが、皆様のご協力のもとたくさんの食器が集まり、すべて有効に再利用されることになりました。
ありがとうございました。

報告の詳細はこちらから
※リンク先はPDFファイルです。

トップへ
イベント情報  
☆interiorlifestyle出展のご案内☆

平成21年6月3日(水)〜5日(金)
東京・有明ビッグサイト 西館

インテリアライフスタイルは、東京から世界に向けて「ライフスタイルを提案する」インテリアの総合国際見本市です。
テーブルウェアからインテリアグッズ、家具に至るまで、 ライフスタイルを彩る様々なプロダクツが集い、毎年トレンドを発信するキーイベントとして、新商品や最新情報を求める多くの方に注目されています。
弊社では5周年を迎えた究極のラーメン鉢を中心に出展をいたします。

interior-lifestyleの案内はこちら
→ http://www.interior-lifestyle.com

ご入場には招待券か事前登録が必要となります。
招待件ご希望の方は、こちらからご住所氏名電話番号(会社名)をお書きのうえお申し込みください。
→ info@marubun-arita.co.jp

トップへ
イベント情報  
☆父の日キャンペーンのご案内☆

まるぶんショッピングサイトでは「父の日キャンペーン2009」を実施中です。
定番の匠の蔵シリーズ、「至高の焼酎グラス」、「プレミアムビアグラス」などのほか、ゴルフ好きのお父さんのために、室内でパットの練習ができる「OKパット」も特別価格でご提供しています。
いつでもどこでも手軽にゲーム感覚で楽しめる「OKパット」。
今年の父の日プレゼントいち押しです。

まるぶんショッピングサイトはこちら
→ http://www.marubun-shop.jp

トップへ
イベント情報  
☆「究極のラーメン鉢」発売5周年☆

2004年の3月7日NHK-BS2の番組「おーい、ニッポン!私の好きな佐賀県」で「プロジェクトA‐究極のラーメン鉢」が放映されました。

有田の陶工たちが究極のラーメン鉢作りに挑むプロセスを、半年間にわたって取材し、試行錯誤の末完成したラーメン鉢を、当日審査員が究極か否かの判定を下すという筋書きです。
地方が持つ技術や資源を利用して、何か新しいものを作り出す「とことんプロジェクト」という企画でした。

翌8日から究極のラーメン鉢は発売を開始いたしましたが、完成に至るまでの劇的なストーリーと、機能性とデザイン性を兼ね備えたフォルム、絵柄の多様性などから各メディアにも取り上げられ、その年の有田陶器市で大ブレイクしたのです。
その後全国の専門店や百貨店で販売が展開され、食器としては空前の販売実績を記録して現在に至っています。
究極のラーメン鉢の成功は有田焼業界に大きな刺激を与え、その手法を踏襲した香酒盃、至高の焼酎グラスをはじめとする匠の蔵シリーズなど、多くのヒット商品が誕生しました。

そして今年究極のラーメン鉢は発売5周年を迎えました。5周年を節目として新しい絵柄55種類を制作し、定番商品の大幅な入れ替えを行ってブラッシュアップいたしました。

これを期に10年後を目指して新たなる挑戦を続けていきたいと思います。
今後とも究極のラーメン鉢をご愛顧賜りますよう、よろしくお願いいたします。

2009イヤーボール
究極のラーメン鉢2009年版カタログはこちらです。
カタログ配信
トップへ
イベント情報  
☆「有田雛(ひいな)のやきものまつり」開催☆

初公開!! マイセンと柿右衛門のお雛様 (有田館)
恒例となってきました、「有田雛(ひいな)のやきものまつり」が2月11日から開催されます。
今年は有田とドイツ・マイセン市との姉妹都市30周年を記念して、マイセン製陶所と柿右衛門窯で制作された内裏雛が初めて公開されます。
場所は有田館です。弊社の上幸平店の近くですので、当店に車を止めて散策がてらいらっしゃるのも楽しいです。

「有田雛(ひいな)のやきものまつり」開催
詳細はこちら

 

 

有田焼卸団地では、磁器製としては世界最大の「七段飾り雛人形」を展示いたします。これは佐賀県窯業技術センターの指導のもと有田ノベルティ研究会で共同開発した形状を、名窯「しん窯」で制作したもので、有田の特徴である白磁を生かした染錦の文様を施しています。

春の気配が漂ういち日をぜひ有田の町でお過ごしください。

「有田雛(ひいな)のやきものまつり」開催
トップへ
イベント情報  
☆HOTERESに出展します☆

国際ホテル・レストラン・ショー HOTERES JAPAN 2009
2009年2月24日(火)〜27日(金)10:00〜17:00
東京・有明 東京ビッグサイト
ブースナンバー 6U-301

スタイリッシュな器のシリーズZEPHYRの磁器プレート類、鍋や陶板などの耐火陶器類を中心に展示いたします。
今回は有田焼5社合同のブース構成です。
「ARITA」のサインボードを目印においでください。

案内状ご希望の方はこちらからどうぞ⇒info@marubun-arita.co.jp

HOTERES JAPAN公式サイト⇒http://www.jma.or.jp/hcj/

トップへ
イベント情報  
☆伊勢丹本店 有田陶器市☆

1月14日(水)〜1月27日(火)まで
新宿伊勢丹本館5階=和洋食器・特選和食器

弊社の出展は匠の蔵シリーズ第4弾「極上のカレー皿」、伊勢丹オリジナルの惣太窯特別ご提供品などです。
「極上のカレー皿」は伊勢丹でのデビューとなります。

皆様のご来場お待ちしております。

トップへ
イベント情報  
☆テーブルウェア・フェスティバル2009ー暮らしを彩る器展☆
1月31日(土)〜2月8日(日) 東京ドーム

恒例の「テーブルウェア・フェスティバル2009−暮らしを彩る器展」が、今年も1月31日から9日間、東京ドームで開催されます。
有田焼コーナーも昨年とほぼ同じ場所同じスペースで出展いたします。

有田焼コーナー、今年の目玉は「染付ディナープレート」。
香蘭社製28cmのディナープレートに12の窯元が取り組んだ染付の競作です。
古伊万里から鍋島まで古典文様のモチーフが、ディナープレートという洋皿にどうマッチするのか。
35種類の染付プレートをぜひご覧ください。

当社の出展は究極のラーメン鉢とZEPHYR。
今春発売5周年を迎える究極のラーメン鉢は、3月にラインナップのリニューアルを行いますが、その新商品をテーブルウェア・フェスティバル期間中だけ、特別に先行発売いたします。
ZEPHYRはカラフルな鍋や陶板の耐火陶器シリーズを発売いたします。
この機会にぜひお求めください。

「テーブルウェア・フェスティバル2009−暮らしを彩る器展」の
サイトはこちらです。⇒ http://www.tokyo-dome.co.jp/tableware/
トップへ
メディア情報  
☆NHKテレビ「新日本紀行ふたたび」有田特集の放映☆
昔NHKに新日本紀行という人気番組があり、昭和46年7月「有田皿山」というテーマで、柿右衛門窯を中心とした有田焼が紹介されました。
それから38年経った今年、番組は柿右衛門窯をふたたび訪れました。
13代から14代へと当主が変わった柿右衛門窯。
当主と次の15代を継ぐべき長男との親子二代の交流を軸に、名窯の伝統を受け継ぐ困難さと有田の人々の情熱を描きます。
有田焼の新しい取り組みの一端を紹介するということで、弊社のZEPHYRの取材もありましたので、ちょっと登場するかもしれません。
ご期待ください。

1月17日(土)午前11:25〜 NHK総合
1月19日(月)午後3:00〜 NHK-BS2
1月25日(日)午前4:15〜 NHK総合

新日本紀行ふたたび」のサイトはこちらです。
⇒ http://www.nhk.or.jp/archives/kikou/
トップへ
佐賀県西松浦郡有田町赤坂卸団地
TEL:0955-43-2351